干支学鑑定(かんしがく)

生年月日をもとにして
その方の生まれ持った才能、特徴、性質、家系から受け継いだもの、運命的なものなどを観ていきます。
ご相談内容により、適正なお仕事、縁談
あるいはご縁のある土地(勤務地、学校、留学先、自宅を構える場所など)を鑑定していきます。

また、必要応じて・・・
運の開ける場所、タイミング、日時などを細かく出していきます。

基本的には一生変わらないその方固有のモノから、星の巡り・時の巡りに合わせて
変わりゆくものまですべてを見る事ができます。

必要な情報はお名前と生年月日となります。

☆初回(初めて受けられる生年月日)は8000円
同一の生年月日の方で二回目以降は5000円

二つ共に初回に初回なら16000円
二つ共に二回目以降なら10000円
お相手のみ初回なら13000円


***干支学鑑定について***
ひとことで言えば”占い”ですが、霊視やチャネリングに頼るものではありません。
インドや中国を経由し、融合しながら日本独自の形態となっていったと思われます。
また"古来から伝わる秘儀"であり”陰陽道”に基づくものです。


陰陽道とは・・・

とても奥が深く、
修験者とも密接なかかわりを待っています。

天文・歴学・占術など学問的なものから呪術・祭祀にまつわること
などなど・・・
さらに言えば、日本のしきたりや年中行事はこの陰陽道がもと(ルーツ)になっています。

☆四方拝☆トキの天皇自身が元旦に毎年皇居で行われている儀式。

☆七草☆1月4日の朝に七草粥を食べる風習。

☆雛祭り☆お雛様を飾り女の子の無事の成長祈願のお祭り。

☆端午の節句☆男の子のお祭り。

☆名越の祓☆夏越の祓とも言いますね。芽輪くぐりが一般的なお祓いです。

☆七夕☆7月7日の晩の七夕まつり、鼠祭り。
水の禊の行事を行うところもあります。

☆七五三☆11月に15日に行う三つ、五つ、七つ、のお祝い。

☆大祓え☆12月の晦日に行う祓えの神事。年越しの祓えともいう。

などが一般的に認識が高いものでしょうか。


これら全てはルーツを辿れば陰陽道に繋がっていきます。
実は陰陽道とは日本人であれば、既に馴染みが深く日常生活に根付いているのです。

占いとしても 四柱推命
気学
風水
易学
九星学
算命学
〜などなど(他にもたくさん)陰陽道の中野一部が独立した占術として現代に残ってます。


では干支学鑑定ですが・・・

現在、母から私へ受け継がれつつある、干支学鑑定は人相・手相以外を全て含むものであり〜
陰陽道から発展したものであり〜
上記の独立した枝葉的なものではなく、集大成したものと思われます。


母の師匠は・・・
いわゆる修験者の末裔なのかもしれない、あるいは修験者にゆかりがあるお方かもしれないと私は思っています。
師匠は既に他界されていますが、師匠の曾祖父・・・そして祖父・・師匠へと受け継がれているモノとは聞いています。
それが不思議なご縁により母へと受け継がれました。


もちろん枝葉で独立していったいわゆる”占い”をされている方はたくさんいます。
しかしながら、そのすべてを大系学として捉えて引き継ぐものがいないと師匠は生前嘆かれていました。


従ってここで記しているものは学問的な色合いが濃く、ビジネス的な占いとは異なり継承者が少ないのが現状です。
絶えつつあり、(正確に全てを継承する意味合いでの)継承保護がひつようなのかもしれません。
受け継がれている数少ない方々には口伝、あるいは一子相伝的なものになってしまっているのではないでしょうか?


〜〜明かすべきでは無い〜〜その事情の裏には悪用される事を恐れての意図があると思います。
しかしながら日本人のルーツと関わる秘儀や学問を後世に伝える事もまた大切ではと感じている今日この頃です。